So-net無料ブログ作成

中華ラジオがやってきた ~DE1103後編 [ラジオ]

新しく買ったラジオ、DE1103"愛好者3号"を分解・改造したお話です。
回路図や少々専門的な言葉も出てきますが、分からなくても気にしないでください(^ ^ ;)

☆-☆-☆-☆-☆

フロントパネルの凹みを直した(こちら★)後は、ラジオ部分のメイン基板に手を入れます。

main_pcb.jpg
▲メイン基板
この基板は、"MKIIIVバージョン"のようです。

うちが買ったDE1103は、2010年1月製造(同梱されている合格証に記載されている)でした。
ただ、仕掛品を再生産したものかも知れませんし、これが現行の最新バージョンなのかは不明です。

ところで、ネットで情報集めをしていた時に知ったのですが、DE1103は初期型と最近売られているものとは中身が若干異なっているそうです。

初期型ではRFアンプのFETが静電気で壊れるという不具合があったようですが、この基板を見ると保護用のダイオードが挿入されていて、その点については対策が施されているようでした。

2d2_2d1.jpg
▲保護用ダイオード
外部アンテナやロッドアンテナから印加されるサージ電圧から、初段のFETを保護します。

基板を改版して対策されているところを見ると、結構な数の不具合報告があったのだろうと想像できます。

~・~・~・~・~

さて、本題に入りましょう。メイン基板をいじる主な目的は、AMの音質改善です。

うちの買ったDE1103の音は、『やや歪があって、低音が足りないかな』という感じ。
特別ひどい音という訳ではありませんが、いい音かと言われると・・・ちょっと微妙。なので、開けたついでに改造しましょう。

回路図と基板のパターン図を入手(※)しておいたので、あらかじめそれらを見て、定数変更する場所をいくつかピックアップしておきました。

あ、そうそう。いちおうお断りしておきますが・・・
これから行う定数変更は、うちが勝手にアタリを付けて行ったものなので、

「同じように変更したけど、音良くなんねーぞ!」とか
「真似してやろうとしたら、壊したじゃねーか!」とか
「その値に決めた根拠は?」とか言われても困ります。

あくまでも、実験するのは自己責任で。この記事は、"物好きが試した参考情報"として見ていただけたらと思います。

(※)
うちがとあるロシアのサイトから入手した回路図は、MKIIIVバージョンのものでは無かったようで、実際の基板とあちこちに差異が見られました。
また、明らかに誤りだろうと思われる箇所もあったので、鵜呑みにするとハマる可能性があるので注意が必要です。。

☆★☆★☆

まずは、ロッドアンテナからの線と、ロータリーエンコーダのGND線、バーアンテナの線を外します。
バーアンテナの線は、何処に何が繋がっていたかを記録しておきましょう。忘れてしまうと、これまた面倒なことになりますので。

続いて小さなネジを4つ(だったかな)外すと、リアパネルからメイン基板が外れます。

main_pcb_pmt.jpg
▲メイン基板、部品面の様子

main_pcb_sdr.jpg
▲同じくハンダ面の様子

最初に目を付けたのは、AFパワーアンプ(IC5:CXA1622P)の入力側に繋がっているコンデンサ。
回路図上で言うところのC224とC225がそれなのですが、1uFが付いています。でも、もっと大きくていいんじゃね? と勝手に考えて定数変更。

c224_225_cir.jpg

c224_225.jpg
▲この電解コンデンサを変えます
低音が抜けやすくなることを期待して、1uF→10uFへ変更。

ちなみにこの部分の裏面(ハンダ面)にはシールド板が後付けされていたので、それを外してから定数変更しました。

☆★☆★☆

続いてIF IC周りへ参りましょう。

●TA2057N(IC2)のPin19に繋がっているコンデンサ(C211)
回路図では1uFですが、実際には4.7uFが付いていました。

●また、そのC211と繋がっているR218は・・・
回路図では3.9kΩですが、実際には7.5kΩが付いていました。

これをふまえて。

■TA2057NのPin18に繋がっているコンデンサ(C213)
回路図では1uFですが、これももう少し大きな容量で良さそうだと勝手に考え、4.7uFに。

■更にその先にあるR219は・・・
3kΩ→8.2kΩに変えてみました。

c213_r219_cir.jpg

c213_r219.jpg
▲このコンデンサと抵抗を変更します

C213は小型のチップタンタルじゃないと、ハンダ面に配置することが困難です。
また、C213とR219の定数変更は1608サイズのチップ部品の交換を伴います。なので、こういった作業の経験が無い方は、やめておいた方がいいかも知れません。

☆★☆★☆

定数変更ができた後は、テキトーに付けられていた部品や配線をやり直し、再度組み上げて電源on!

de1103_594_2.jpg
▲再びNHK東京第1放送を受信中。。
買って早々に分解されましたが、無事復活です(^ ^ )

定数変更の結果はどうだったかというと、聞いてみた感じでは・・・

●低音が出るようになり、"シャリシャリ"した感じが無くなった。
●歪もほとんど気にならなくなった。

ということで、なかなか聞きやすい音になった!(と、自画自賛)
音質も十分常用可能なレベルになったし、外装の凹みも無くなったし。苦労して分解・定数変更したかいがあったわぁ~(^ ^ )♪

~・~・~・~・~

開けてみたらネジが間違っていたり、手ハンダが雑だったり・・・まだまだ粗削りな部分が散見されたDE1103ですが、その実力はなかなかのもの。有名な"100kHzより下を受信するバグ"も健在ですし、正直、ICF-SW7600GRよりも 『いじっていて楽しい』 ラジオです。

先日、キャリング用ハードケース(UMPC用を流用)を買って来ました。これに入れて、今度は旅先へ持って行ってみようと思っています。


おわり
nice!(9)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 14

む〜さん

大拍手喝采!・・・嗚呼、私には入れない世界が此処にありました。
真空管世代の爺さんのホントの気持ちです。
by む〜さん (2010-04-15 10:57) 

うつぼ

文系で毎回分からず記事を読んでおりますが(笑)
うたにさんがラジオ好きというのは分かります。(^^)
私が分解したら二度と動かないこと必至です。。。。
by うつぼ (2010-04-15 23:03) 

shiho

短大時代に、電気の事(うたにさんが図にしてくれた)を
習いましたが・・・、さっぱり分からない状態でした。
by shiho (2010-04-16 07:49) 

うたに

む~さん、おはようございます。
うちがラジオいじりを始めた時は、既にトランジスタに移行していたので、真空管では工作したことはないんです。
でも、そそっかしいうちにとっては、高圧部分が無くて良かったかも知れません(^_^;)
by うたに (2010-04-16 07:58) 

うたに

うつぼさん、おはようございます。
今回は改造の詳細を記載したので、うつぼさん同様、更に「訳わからん」と感じている方も多いだろうと想像しています。失礼しました。

この記事が、DE1103を開けてみようと考えている人の一助になればいいな…と思っています。
by うたに (2010-04-16 08:34) 

うたに

shihoさん、おはようございます。
そうですね。回路図は宝の地図みたいなもので、多くの人にはさっぱり分からないものですよね(^_^;)
でも、ラジオをいじる私のような者にとっては非常に重要なもので、これがあれば大抵のことが分かる、まさに"宝の地図"なのでした。
by うたに (2010-04-16 08:42) 

masa

うたにさん、素晴らしい知識ですね。
私は全く理解できませんでした・・・
by masa (2010-04-16 17:19) 

うたに

masaさん、こんばんは。
すみません。ちょっとマニアック過ぎたかな。。(^_^;)

ラジオの中はこんな風になっているんだな~…なんて感じで見ていただけたらと思います。
by うたに (2010-04-16 22:24) 

サットン

中華ラジオってダイエーで880円、AMシングルバンド
っていうのが私のイメージです。
基盤に回路図、チンプンカンプンです!
by サットン (2010-04-19 09:20) 

うたに

サットンさん、こんにちは。
そうですね! 低価格ラジオはほとんど中国製といってもいいかも知れません。

大昔は、ラジオやテレビにも回路図が付いてきたものですが、今はサービスマニュアルを入手しない限り、なかなか見ることができません。
鉄道のダイヤグラムと同じく、一般ユーザーの目に触れることは無いものなので、「何だか訳分からん・・・」となったかと思います。失礼しました(^^;)
by うたに (2010-04-19 12:09) 

通りすがり

私もR219を10kに変更し、ひずみを改善することができました。うたに様の情報が大変参考になりました。ありがとうございます。
by 通りすがり (2010-05-01 10:55) 

うたに

通りすがりさん、こんばんは。
10kにしたのですね!
参考にしていただけたとのことで、ありがとうございました。
by うたに (2010-05-03 20:06) 

しろのすけ

はじめまして。
私もDE1103を持っていますが
当初から音の悪さに閉口し、最近は
あまり使っていませんでした。
(ハナ詰まりのような疲れる音)
記事を読んで大いに触発され
改造にチャレンジしました。
チップ抵抗を持っていないため
付けるのに苦労しましたが
見事!まともな音になりました。

ちなみにR219を12kΩにしましたが、
単純に他の値を持っていなかっただけです(^^;)
他のCRはいじっていません。

大変参考になりました。
ありがとうございました。
by しろのすけ (2010-07-27 14:48) 

うたに

しろのすけさん、こんばんは。
少しでもDE1103ユーザーの役に立てばと思って書いた記事でしたが、参考にして頂けて光栄です。
あの抵抗は、大体10k前後の値でいいみたいですね。リード付き部品を付けるのは、大変だったでしょう!
無事改造できて何よりです。お疲れ様でした!
by うたに (2010-07-27 19:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。