So-net無料ブログ作成

京急乗り鉄小さな旅2017春 ~後編 [散歩2017]

2017年3月に、京急に乗って遊んできたお話の最終回です。

☆-☆-☆-☆-☆

浦賀から1500形の普通列車で金沢文庫へ戻って来ました。
ここからはうちの子のリクエストで、新1000形のSIEMENS製GTO-VVVFインバータ制御車を待ちます。

すると、反対側の下りホームに・・・

1480sh.jpg
▲あっ! 最初に三崎口まで乗った1065編成だ!
快特 三崎口行き(1480SH列車)。京成高砂から戻って来たんだね!

その後しばらく列車を待ちましたが、お目当ての車種は来ず。。なので、こちらに乗ることにしました。

1501re.jpg
▲普通 品川行き(1501列車)
800形の6連(826編成)。よし、これで品川まで行くぞー!

私たちは先頭のデハ826-6、乗務員室後部の2人掛け座席に着きました。
金沢文庫では快特を先に通すため、しばらく停車します。ちょいと車内ウォッチング。

mc826_6pt.jpg
▲車内のステッカー(デハ826-6)
1986年製造、2001年更新。
あれ? 浦賀から乗った1500形と同じ時期の製造・更新ですね。

mc826_6fan.JPG
▲天井には扇風機が(デハ826-6)
いいねぇ~、扇風機♪

普通1501列車は定時で金沢文庫を発車、品川まで80分の旅がスタートしました!
京急の運転士さんのハキハキとした仕事ぶりは、見ていて気持ちがいいものです。小さい子が見れば、きっと憧れを抱くのではないでしょうか。とても好感が持てます。

☆★☆★☆

列車は能見台・京急富岡・・・と各駅に停車して行き、上大岡へ。
上大岡での接続は無かったので、すぐに発車。その3つ先の南太田で優等列車を退避します。

1501re2.jpg
▲快特とエアポート急行の2本通過待ち。。
7分ほど止まります。

南太田を出て黄金町・日ノ出町・戸部を通り、横浜に到着。各駅停車なので、ホームで待っている人もあまり乗って来ません。
横浜を出ると、神奈川・仲木戸に止まり、車両基地(新町検車区)のある神奈川新町へ。そこから上り2線・下り1線の三線区間を進んで子安で快特を退避します。

停車中にホームに出て背伸びするなど体をほぐした後、子安を発車。4駅先の京急鶴見へ。

1501re3.jpg

1501re4.jpg
▲ただいま京急鶴見に停車中
エアポート急行の待ち合わせと快特の通過待ちで6分停車。品川までは、まだ遠い。。

京急鶴見を出て京急川崎や京急蒲田を通り、列車は順調に東京都内を進んで行きます。普通列車は相変わらず空いていていい感じ♪

heiwajima.JPG
▲快特を退避して平和島を出発!
これで何回めの通過待ちだっけ?(笑)

既に乗車時間は1時間を超えました。大森海岸・立会川を通り、品川まではあと少し。
この先、優等列車の退避はもう無いでしょう。と思っていましたが・・・

samezu.jpg
▲なんと、鮫洲で通過待ち!
羽田空港からのエアポート快特の存在を忘れてました。こちらを先に通します。

鮫洲で最後の退避をおこなってから出発。青物横丁・新馬場と停車して北品川を出ると、いよいよ次は終着の品川です。

sinagawa1crs.JPG
▲品川第1踏切を通過します
"開かずの踏切"として知られる場所ですが、将来的には京急線の高架化により解消されるらしいです。

踏切を通って、カーブしながらJRの線路を越えます。

kitasinagawa.JPG
▲この辺りにゴジラが上陸したそうな
隣には、日本で最初の跨線橋として知られる八ツ山橋があります。

鉄橋の中ほどから25km/hの速度制限が設けられていて、列車はゆっくりとした速度で品川のホームへと滑り込みました。

sinagawa.JPG

1501re5.jpg
▲品川に到着!
金沢文庫から80分、長かったけど楽しかった~♪

この後、JR線に乗り換えて帰宅しました。

~・~・~・~・~

春の京急線乗り鉄旅。行きは品川から快特で三崎口へ。帰りは浦賀から全て各駅停車で品川へ・・・特に帰りの普通列車の旅は、乗り鉄ならではの選択と言えそうです。1500形と800形を満喫できました。

金沢文庫で初めて入った中華屋さんも美味しかったですし、収穫の多い小さな旅になりました! また機会を作って出かけたいと思っています。


おしまい
nice!(8)  コメント(6) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。