So-net無料ブログ作成

初夏の秩父さんぽ2017 ~西武線で秩父へ [散歩2017]

6月に秩父へぷち旅をして来たお話です。

☆-☆-☆-☆-☆

6月上旬のまだ梅雨入りしていないある日にふと思い立ち、秩父へぶらぶらしに行くことにしました。

free_ticket.JPG
▲お得なフリーきっぷを買って出発です!
秩父は3年ぶり。ひさしぶりでわくわくするわぁ~(≧ω≦)

まずは西武池袋線で飯能へ。乗ってた列車が途中の小手指止まりだったので、こちらに乗り換えます。

2119re.jpg
▲急行 飯能行き(2119列車)
新2000系の2+8連(2461編成+2089編成)でした。

この日は平日ということもあり、下りの列車はガラガラ。座ってのんびり行きましょう。

mc2461_is.JPG
▲誰も乗ってなくて貸切状態♪
普段ラッシュで通勤してると、これは既に非日常の世界。一番先頭のクモハ2461にて。

☆★☆★☆

小手指から18分で終点の飯能に到着しました。対面乗り換えで停車中のこちらに乗り換えます。

5021re.JPG
▲各停 西武秩父行き(5021列車)
4000系の4連(4015編成)でした。

西武4000系電車は片側2ドアで、ドア付近はロングシート、それ以外はボックスシートになっています。

tc4016_is.JPG
▲4000系の座席(クハ4016)

うちはこの4000系のボックスシートが大好き。これに座って正丸峠を越えて行くと、旅してるってすごく感じるのよね。。

後ろから2両目のモハ4116中ほどの空いていた席に座り、出発を待ちます。

m4116_is.JPG
▲お茶を買ってスタンバイOK!

このあともう1本池袋からの急行列車が到着し、そこから乗り換えるお客さんを待ってから飯能を出発しました。

koma_yokote.JPG
▲梅雨入り前の晴天です
高麗~武蔵横手にて。新緑と青空がいい感じ~!

武蔵横手を出ると、東吾野・吾野の順に停車して行きます。

koma9br.JPG
▲高麗川を何度も渡ります
東吾野~吾野(第9高麗川橋梁)にて。水の流れが涼しげですね♪

agano_nm.JPG
▲ただいま吾野に停車中。。
ここまで西武池袋線、そしてここから西武秩父線です。

飯能から先はごく一部を除いて単線なので・・・

nisiagano_nm.JPG
▲西吾野で上り列車と交換
こんな風に、所々の駅で対向列車との交換待ちがあります。

この列車交換待ちも、のんびりした各駅停車の旅という情緒があってよろしい(^ ^ )

☆★☆★☆

西吾野の隣、正丸を出ると西武線最長の正丸トンネル(4811m)に入り、正丸峠を越えます。トンネルを出た先、秩父の天気はどうかな~?

mt_bukou.JPG
▲変わらずよく晴れてる!
秩父のシンボル、武甲山がよく見えます♪
やっぱり武甲山を見ると、秩父へ来たなぁって実感しますね!

そして、横瀬駅の隣にある横瀬車両基地では・・・

m2116.jpg
▲2000系 モハ2116が解体中。。
ああ、やっぱり車両が解体されているのを見るのは切ない。。

モハ2116がつながっていた2000系2015編成は西武新宿線を中心に走っていましたが、今年の3月下旬にここ横瀬へ送られてきました。

2015f.jpg
▲現役だった頃の2015編成(2011年9月撮影)
新製から約39年で廃車。長い間おつかれさまと言ってあげたいです。

さて、話が少しそれてしまいましたが、乗ってきた列車は飯能から46分で終点の西武秩父に到着しました。

西武秩父駅、3年ぶりに来たらあちこちがきれいになっていて、改札へ向かう途中の通路からも武甲山を眺めることができるようになっていました。

seibuchichibu_vw.JPG
▲西武秩父駅から南方を望む
なかなかいい眺めだ!


次回、秩父鉄道に乗ります。("うなぎを食べに行こう!"につづく)
nice!(6)  コメント(2)