So-net無料ブログ作成
検索選択

初夏の秩父さんぽ2017 ~うなぎを食べに行こう! [散歩2017]

6月に秩父へぷち旅をして来たお話のつづきです。西武秩父へやってきました。

☆-☆-☆-☆-☆

改札を出て左へ歩いて行くと、駅に隣接して新しくできた温泉施設(祭の湯)があります。でも、この日は施設トラブルにより休業中。。
今日は温泉が目的ではないので、そこを通り過ぎて坂を下り、踏切を渡った先にある秩父鉄道の御花畑駅へ向かいます。

ohanabatake_sta.jpg
▲御花畑駅
副駅名として"芝桜駅"が付けられています。

既に上り列車の改札が行われていたので、フリーきっぷを見せてホームへ。少ししたら列車が入って来ました。

30re.jpg
▲普通 熊谷行き(30列車)
5000系の3連(5001編成)でした。

この5000系電車は、もと都営三田線を走っていた6000形電車を改造したものです。新製から45年経っていますが、今もこうして現役で走っています。

電車に揺られること20分ほどで皆野に着きました。ここで降ります。

minano_vw.JPG
▲構内踏切から南方を望む
線路の向こうに見えるのは武甲山。ここからの眺め、好きなんだよね~。

改札できっぷを見せて外へ。フリー区間なので、乗降自由で便利です。

minano_sta.JPG

minano_sta2.jpg
▲皆野駅
秩父鉄道によくあるタイプの駅舎です。レトロな感じでこれもまた好き。

昭和の雰囲気が今も色濃く残る秩父鉄道。何度乗りに来ても飽きないし楽しいな。。

~・~・~・~・~

さて、時刻は11時半を過ぎました。ここへやって来たのはうなぎを食べるためなのです。
おなかも減ったことですし、駅を出てすぐの所にあるこちらへ行きましょう!

sakamotoya.JPG
▲坂本屋
私のお気に入りのお店。3年ぶりに来ました!

ikesu.JPG
▲店先のいけす(?)
この中にうなぎが入っているのかな?

早速店内へ。お客さんはまだ居ないようです。

sakamotoya_is.JPG
▲店内の様子
一番奥の席から入口の方を向いて座りました。

席に着き、うな重を注文しました。
こちらでは注文を受けてからうなぎを捌くので、出来上がりまで少々時間がかかります。スマホでついったのTLでも眺めながらのんびり待ちましょう。

本日のうなぎは、鹿児島県産の活うなぎだそうです。少しすると、うなぎを焼くいい匂いが・・・あーおなかすいたぁ。。

やがて注文から20分ちょいで―――――

unajyu.jpg

unajyu2.JPG
▲うな重(上)きたー!
やわらかくて、めっちゃうまー(≧ω≦)ーい♪

この他に肝吸い・御新香が付いて2800円(3年前と変わらず)。とってもリーズナブルな価格ですよね!
美味しいものを食べると、めっちゃ元気が出ます♪ ああ、秩父に来てよかったぁ。。


"おやつは天然かき氷!"につづく
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行