So-net無料ブログ作成

九州の旅2012 ~日豊本線で小倉へ [旅2012]

九州旅も最終日を迎えました。

☆-☆-☆-☆-☆

おはようございます。今日は1月6日です。

bp_sunrise.jpg
▲今日は日の出がきれいに見えそう。。
7時18分。東の空がだんだんオレンジ色になってきました。

bp_sunrise2.jpg
▲太陽出てきたー!
7時25分。山から太陽がニョキニョキと出てきました。いいもの見れた!

siragiku_vw.jpg
▲ホテル山側を望む
よく晴れています。数日前に降った雪で、山の上の方が少し白くなっていました。

~・~・~・~・~

荷物をまとめて宿をチェックアウトし、別府駅へやって来ました。少し時間があるので、お土産店をひやかす。

kabosu.jpg
▲かぼすちゃん
なーんか、桜島大根ちゃんと似ているような・・・?

さて、ぼちぼち行きましょうか。ホームへ上がると、ちょうど列車が入って来ました。

632m.jpg
▲普通列車が入線
普通 亀川行き(632M)。415系鋼製車だ。ちょっぴり懐かしい。。

亀川行きを見送った後、私たちが乗る特急が到着しました。

3022m.jpg
▲特急ソニック22号 博多行き(3022M)
今度は青色の883系。Ao4編成(クモハ883-4~の7連)でした。

ドアが開いたら、早速乗り込みます。

tshc882_4ent_r.jpg

tshc882_4ent_g.jpg
▲クロハ882-4客室入口(上:普通車、下:グリーン車)
クロハ882は半室グリーンで、乗降扉とデッキが車両中ほどにあります。

tshc882_4cr.jpg
▲運転台はこんな感じ(クロハ882-4)
小倉までは、こちらが最後尾となります。.カッコイイ!

☆★☆★☆

特急ソニック22号、順調に立石峠を越えて、宇佐に停車。

usa_nm.jpg
▲( ゚∀゚)o彡USA!( ゚∀゚)o彡USA!
うさです。

駅名標が神社っぽくなっていますが、これは当駅が近くにある宇佐神宮の玄関口になっているからのようです。


宇佐の次の停車駅である中津を出ると、大きな川を渡ります。

yamakuni_riv.jpg
▲山国川
これを渡ると、福岡県です。さらば大分県!

そして宇島を発車すると、進行右手に海が見えます。

unosima_syoue.jpg
▲周防灘が見えます
宇島~豊後松江にて。

南行橋を通過後、少し走ると進行左手に線路が近付いて来ました。

m_yukuhasi.jpg
▲平成筑豊鉄道田川線
行橋から日田彦山線の田川伊田までを結んでいる路線です。

田川線と併走しながら今川を渡り、行橋に停車。

yukuhasi.jpg
▲平成筑豊鉄道乗り換え口
平成筑豊鉄道はホームの端を使っていて、乗り換え用の改札があります。

行橋を出ると、15分で小倉に到着しました。ここで新幹線へ乗り換えます。その様子は、次回。


最終回につづく。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

九州の旅2012 ~地獄ちょいめぐり② [旅2012]

九州旅、別府地獄ちょいめぐりの続きです。

☆-☆-☆-☆-☆

海地獄を見たので、次は隣にある山地獄へ。

yamajigoku.jpg

yamajigoku2.jpg
▲山地獄
ここもモクモクです。噴気に手をかざすと暖かい~。

山地獄では温泉を利用して、動物が飼われています。
カバやフラミンゴなどがいましたが、うちはそちらはあんまり興味が無いので、他を見ながらぶらぶら。すると・・・

yama_neko.jpg
▲にゃんこ発見!
半ノラっぽいです。

yama_neko2.jpg
▲またみっけ!
これも半ノラ。目つき悪いなぁ~(笑)

ネコ好きなかみさんも合流。出口近くへ行くと、更にネコが数匹。しばし、彼ら(?)を観察。

yama_neko3.jpg
▲植木の中にも・・・
かわいい~。このネコは逃げないですね。

yama_neko4.jpg
▲もう1匹
このネコも逃げません。眠そうだなぁ。。

山地獄で、にゃんこコレクションをしてしまった。ここはネコ好きにおすすめの地獄ですな~♪
過去に全ての地獄を巡ったこともありますし、今回の地獄めぐりはここまで。帰りもサービスチケットを使ってタクシーで宿へ戻りました。

~・~・~・~・~

宿に戻って温泉に入り、部屋でゴロゴロしていたら夕食の時間になりました。色々出された料理のいくつかを紹介します。

tukuri.jpg
▲造里
鯛・カンパチ・タチウオです。醤油か塩かはお好みで。

つづいてこちら。

toriten.jpg
▲とり天
大分の郷土料理。見た目は鶏の唐揚げに似ていますが、それとは違うそうです。うまいなこれ!

とり天は最近東京でも少し見かけるようになって来ましたが、大分のローカルフードだったんですね。

yakimono.jpg
▲焼物
何の魚だったっけか・・・忘れた。でも、おいしかった!(^ ^ ;;

takiawase.jpg
▲炊合せ
これまた何が入ってたっけかな。説明されたけど忘れてしまった。

syokuji.jpg
▲食事
お米は九州から西日本を中心に多く栽培されている"ひのひかり"。炊きたてうまーい♪

kanmi.jpg
▲甘味
つぶあんが甘さ控えめで、いい感じ~(≧▽≦)ノ

・・・という具合に、たくさん食べておなかいっぱい。ごちそうさまでした!


siragiku_rmvw2.jpg
▲別府の夜景
別府駅を発着する列車を眺めながら、旅行最後の夜を過ごしました。


『日豊本線で小倉へ』へつづく。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

九州の旅2012 ~地獄ちょいめぐり① [旅2012]

九州旅で別府へ来ています。

☆-☆-☆-☆-☆

別府駅から荷物をガラガラと引きずりながら坂を上って行きます。

post.jpg
▲丸型ポストだ!
最近あまり見かけなくなったけど、あるところにはあるんだね~!

10分ほど歩いたところで、今日泊まる宿に着きました。

siragiku.jpg
▲ホテル白菊
ここも何度か泊まったことがあります。

早速チェックインして部屋へ。

siragiku_rm.jpg

siragiku_rmvw.jpg
▲部屋の様子と眺め
別府湾が良く見える、なかなかのロケーションです。

~・~・~・~・~

時刻は14時半。別府へ来たら地獄は見たい!ってことで、旅の特典で付いてきたタクシー券を使って海地獄へ行きました。入場券を買って中へ。

kappa_kaeru.jpg
▲池に何やら居ますな・・・


kaeru.jpg
▲無事カエル
まあ、カエルはよく見ますよね。

kappa.jpg
▲カッパ
なぜカッパ? しかもみんなが小銭を投げ込むから、桶が傾いて沈没しそうじゃないか~(^ ^;;)

売店を抜けた先に、海地獄があります。

umijigoku.jpg

umijigoku2.jpg
▲海地獄
泉質は酸性。硫酸鉄が含まれているため、美しい青色に見えます。

泉温は98℃もあるそうで、熱湯の池では玉子が茹でられています。

tamago_kago.jpg

yudetamago.jpg
▲温泉ゆで玉子
地獄といえば、ゆで玉子。カゴで茹でられた玉子を食べる! うまーい♪

あと、プリンもあります。

pudding.jpg
▲地獄蒸し焼きプリン
これも海地獄へ来たら食べておきたい一品。うまいす~。

☆★☆★☆

海地獄の園内に、別の地獄があります。

choco_jigoku.jpg

choco_jigoku2.jpg
▲チョコ地獄?
ここは酸化鉄が含まれているためか、血の池地獄のような茶色っぽい色をしています。

流れ出している湯をちょいと触ってみましたが、かなり熱いです。小さなお子さんはヤケドに注意。


『地獄ちょいめぐり②』へつづく。
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

九州の旅2012 ~特急ソニックで別府へ② [旅2012]

九州旅、日豊本線を885系白いソニックで移動しています。

☆-☆-☆-☆-☆

特急ソニック21号(3021M)は、中津を出ました。しばらく周防灘沿いの海から少し離れた所を進んで行きます。

e_naka_imadu.jpg
▲引き続き晴れています
東中津~今津にて。

そして、柳ヶ浦~豊前長洲の間で駅館川を渡ります。

yakkan_riv.jpg
▲駅館川
水面に見えるたくさんの黒い点は、水鳥です。

ちなみに駅館川は、"やっかんがわ"と読みます。
石灰石ベルトコンベアのあった朽網(くさみ)とかもそうですけど、知らないと絶対読めないですよね(^ ^;;

豊前長洲を通過すると、しばし海沿いとはお別れ。ここから国東半島の付け根を横断する峠越えです。
西屋敷で上下線が分かれ、下り線は日豊本線最長(3640m)の立石トンネルに入り、暗闇の中を突っ走って行きます。

tateisi_t.jpg
▲まもなく立石トンネルから出ます!
トンネルを出ると、すぐに立石です。

立石から隣の中山香までは、単線となります。

tate_nakayamaka.jpg
▲単線で~す♪
左の道は、国道10号(豊前街道)。

中山香からは複線となり、少し行くと上下線が離れたところを走ります。

3034m.jpg
▲あ!883系だ!!
逆光で見づらいけど・・・たぶん、ソニック34号(3034M)かな。

yasakagawa_riv.jpg
▲八坂川を渡ります
上り線が近付いてきました。中山香~杵築にて。

☆★☆★☆

杵築を通過すると、再び単線になります。

kituki_ooga.jpg
▲大きくカーブしながら八坂川を渡る
杵築~大神にて。振り子いい感じ~♪

そして、日出を通過すると単線区間は終了です。

hiji_youkoku.jpg
▲複線になりました
日出~暘谷にて。

暘谷を過ぎると、進行左手に海が見えてきました。

b_toyooka_kame.jpg
▲別府湾が見えるかしら?
ちょっと見づらいけど、向こうは海。豊前豊岡~亀川にて。

そして・・・

beppu_nm.jpg
▲別府に着いたー!
べっぷ。温泉マーク。分かりやすいよ~(^ ^ )♪

☆★☆★☆

列車で別府へ来るのは2回目。てことで、乗ってきた列車を記念撮影。

3021m_3.jpg
▲885系カッコイイ!!
博多から1時間51分。白いソニック、いい走りでした(≧ω≦)ノ☆

列車を見送った後、改札へ。ホームの反対側を見ると、ゆふいんの森が止まってました。

7004d.jpg
▲ゆふいんの森4号(7004D)かな?
キハ71の4連。うちがおととし乗ったのはキハ72だったので、それとは別の編成ですね。

別府駅、自動改札やエレベータ、エスカレータが設置されていました。

beppu_ent.jpg
▲改札口
確か前回来た時、自動改札とか無かったような?

beppu_sta.jpg
▲別府駅(西口)
記憶があいまいですが、ずいぶんきれいになった気がします。

今日泊まる宿は駅から近いので、晴れていることだし歩いて行きましょう。


『地獄ちょいめぐり①』へつづく。
nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

九州の旅2012 ~特急ソニックで別府へ① [旅2012]

年末年始の九州旅、今日は鉄道で移動します。

☆-☆-☆-☆-☆

レンタカーを返却し、博多駅へやって来ました。車での移動はここまで。これより先は鉄道を使います。

bm1.jpg
▲あ!787系だ!
おととし"リレーつばめ"で乗った、BM1編成だ。

で、私たちが乗るのは↓こちらです。

3021m.jpg
▲特急ソニック21号 大分行き(3021M)
885系SM6編成(クモハ885-6~の6連)。白いソニック初乗車です!

tshc884_6cr.jpg
▲乗務員室の様子
クロハ884-6。小倉までは、こちらが最後尾となります。

ソニック21号、博多を定時で発車しました。まずはお昼ごはん。

onigiri.jpg
▲おにぎり
明太子と高菜。そんなにお腹空いていなかったので、軽めにしておこう。

おにぎりを頬張っていたら、大きな川を渡りました。

ongagawa_riv.jpg
▲遠賀川
九州で唯一鮭が遡上する川なのだそうな。遠賀川~水巻にて。

折尾と黒崎に停車した後は、小倉です。

nisikokura.jpg
▲まもなく西小倉
奥の方で煙を上げている煙突は、九州電力新小倉発電所。総出力180万kWの火力発電所です。

☆★☆★☆

博多から40分で小倉に着きました。ここからはスイッチバックして日豊本線へ入ります。

3021m_2.jpg
▲小倉停車中。。
クロハ884-6、今度はこちらが先頭です。

乗務員室背後の壁は透明なので、日豊本線内は前面展望が楽しめます。

tshc884_6is.jpg
▲こんな感じです

ただ、マスコンが非常位置にある場合は、半透明になります。

tshc884_6is2.jpg
▲曇りまーす

万一何かと衝撃するような状況下では非常ブレーキが扱われると思いますので、こんな風に前は見えなくなります。


ソニック21号、小倉を発車。少し走ったところで、面白いものがありました。

kusami_kanda.jpg
▲何やら白くて長い構造物が。。
朽網~苅田にて。

これは、セメントの材料である石灰石を東谷鉱山から三菱マテリアル九州工場まで運ぶためのベルトコンベアです。その長さは約12kmだそうです・・・すげぇ~!

行橋を発車し、列車はどんどん加速していきます。

shiida_shoue.jpg
▲振り子~♪♪♪
車体を傾けながら、カーブを高速で抜けていきます。椎田~豊前松江にて。

2558m.jpg
▲813系とすれ違いました
普通 小倉行き(2558M)。椎田~豊前松江にて。

運転台の速度計を見ていたところ、直線では大体125~130km/hが出ていました。いい走りだ~♪

そして、山国川を渡ると中津です。

nakatu.jpg
▲中津に停車。。
ここまで小倉から30分です。

先ほどすれ違った普通列車はここが始発駅で、小倉まで1時間ちょいかかります。やっぱり特急は速いっすなぁ。

余談ですが、中津は福沢諭吉が幼少期を過ごした街だそうです。


『特急ソニックで別府へ②』につづく。
nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行