So-net無料ブログ作成
検索選択
散歩2017 ブログトップ
前の5件 | -

夏の乗り鉄6月編 ~後編 [散歩2017]

2017年6月に、乗り鉄&音鉄して遊んできたお話の後編です。

☆-☆-☆-☆-☆

大和へ戻ってきました。小田急線は十分乗ったので、ここで相鉄線へ乗ることにしましょう。
階段を下りて行くと・・・なんと相鉄線のホームに到着。会社が違うのに、ここは珍しく中間改札が無いんですね!

相模鉄道は初乗車です。何が来るかな~?

4038re.jpg
▲各停 横浜行き(4038列車)
9000系の10連(9702編成)でした。

"YOKOHAMA NAVYBLUE"と呼ばれる濃紺の車体色になった更新車です。ちょっと地下で暗いのでわかりづらいですけどカッコイイな!

私たちは前から2両目のモハ9104に乗車。
制御装置はIGBTによるVVVFインバータ。低速時に聞こえる低い唸りを伴う直角カルダン駆動の音と相まって、なかなかいい音しています。

走行音は↓こんな感じ。

▲モハ9104 各停 横浜行き(大和→瀬谷)
形式:MP3(bitrate=96kbit/sec, sample rate=32kHz mode=stereo)

大和から10分ほどで二俣川に着きました。ここで各停を降りて別の列車に乗りましょう。

1044re.jpg
▲やって来た特急も9000系でした
特急 横浜行き(1044列車)。9000系の10連、9706編成。

特急だと次は終点の横浜なので、このあと湘南台から来る各停を待つことにしました。

4601re.jpg
▲反対側ホームに11000系が到着
各停 湘南台行き(4601列車)、10連の11103編成です。

11000系は、JR東日本のE233系と共通仕様で造られた車両なので・・・

m11105is.JPG
▲(参考)11000系モハ11105の車内の様子
こんな感じで内装もE233系そっくりです。

この車両、悪くはないのですが・・・どこでも見られるE233系に食傷気味なのと、相鉄らしさがあまり無いのがちょっとね。。

☆★☆★☆

一方、私たちの居る横浜方面のホームにやって来たのは、こちら!

4600re.jpg
▲7000系きたー!!
各停 横浜行き(4600列車)は、8連の7712編成でした。

相鉄7000系、まだ走っていたんだね!
前から乗りたいと思っていたけれど、運良く遭遇することができました♪

4600re_2.JPG
▲車体はアルミ製
切妻タイプの前面&3つの小さい窓。この個性的な顔がイイ!

m7129_fan.JPG
▲車内には扇風機が(モハ7129)
このクラシカルな感じもイイ!

m7129_is.jpg
▲ネコ型つり革みっけ!
同じくモハ7129にて。かわいいなこれ(≧ω≦)♪

相鉄には"そうにゃん"というキャラクターが居るのですが、相鉄100周年を記念して一部の車両にこのつり革が付いているそうです。


この7000系電車は抵抗制御で、回生ブレーキや発電ブレーキはありません。
相鉄お得意(?)の直角カルダン駆動ですけど、あまり速度が出ていないこともあってか、先ほど乗った9000系よりも静かに感じました。

走行音は↓こんな感じです。


▲モハ7129 各停 横浜行き(上星川→和田町)
形式:MP3(bitrate=96kbit/sec, sample rate=32kHz mode=stereo)

列車は、二俣川から20分ほどで終点の横浜に到着~♪

4600re_3.jpg
▲横浜に到着です!
熱がこもってホームが暑い。。(;・∀・)

乗ってきた列車は、折り返し各停 湘南台行きとなりました。
暑いので列車は見送らず、改札口へ。このあと私たちは、東横線に乗って帰宅しました。

~・~・~・~・~

夏の乗り鉄6月編。小田急線と相鉄線を中心に乗って来ました。
小田急江ノ島線と相鉄線は初乗車で、それぞれ色々な車両に乗ることができて楽しかったです。
特にうちは相鉄線が面白かったです。相鉄には他にも乗りたい車両がありますので、機会を作ってまた出かけたいと思っています。


おしまい
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夏の乗り鉄6月編 ~前編 [散歩2017]

2017年6月に、ちょいと乗り鉄&音鉄して遊んできたお話です。

☆-☆-☆-☆-☆

6月上旬のある日、新宿へやって来ました。今日は最初に小田急線に乗ります。
うちの子のリクエストは、1000形のGTOサイリスタVVVFインバータ制御装置搭載車。各駅停車が発着する地下ホームで待っていると、お目当ての車両が入って来ました。

6559re.jpg
▲列車が到着!
1000形4+4の8連(新宿←1054編成+1062編成)。
折り返し各停 本厚木行き(6559列車)になります。

私たちはデハ1012に乗車。車内は空いていて、余裕で座れました。しばし音鉄しながら45分ほどかけて新百合ヶ丘へ。。

走行音は、↓こんな感じ。


▲デハ1012 各停 本厚木行き(南新宿→参宮橋)
形式:MP3(bitrate=96kbit/sec, sample rate=32kHz mode=stereo)

新百合ヶ丘で各停を降りて後から来た急行に乗り換え、10分ほどで相模大野に着きました。

1207re.JPG
▲急行 小田原行き(1207列車)
8000形6+4の10連(8262編成+8062編成)でした。
主制御装置はIGBTによるVVVFインバータに更新されています。

☆★☆★☆

お昼を過ぎたので、ここで昼食にします。
相模大野は大きな駅なので、何かしらお店はあるでしょう・・・ということで、駅の外へ。

sagamioono_sta.JPG
▲相模大野駅
でっかい駅だなぁ~。初めて降りました。

「何が食べたい?」と聞くと、たいてい「チャーハンかラーメン」といううちの子。
ちょうど駅前に日高屋があったので、雨もパラついてきたことだし今日は冒険せずにそこに決定!

まずは、うちの子が頼んだチャーハンが出てきました。

chahan_l.JPG
▲チャーハン(大盛り)
うん。おいしそうだ。。

うちは麺かご飯ものか迷いましたが、↓これにしました。

tanmen.JPG
▲野菜たっぷりタンメン
結局いつもの(笑) でもこれを頼んでおけば間違いない!

もちろん餃子も頼みました。

gyouza.JPG
▲餃子(6個)
サイドメニューの定番! 子どもとシェアして食べました。

☆★☆★☆

おなかも一杯になったので、乗り鉄再開です。一瞬パラついた雨は止みました。

駅へ戻ると、ちょうど片瀬江ノ島行きの列車が止まっていたので、それに乗ることに。
私たちは前から4両目のデハ3404に乗車。IGBT-VVVFインバータの音を楽しみながら藤沢方面へ。

5189re.jpg
▲これに乗って来ました
各停 片瀬江ノ島行き(5189列車)は、3000形の6連(3254編成)でした。

5駅乗ったところで、大和で下車。次は何に乗ろうかな~? と思ってホームのベンチに座っていると、反対側ホームに8000形が入って来ました。

5196re.jpg
▲各停 相模大野行き(5196列車)
なんと8000形の界磁チョッパ制御車(8251編成)だ!

この編成、知る人ぞ知る8000形で2本だけ残っている界磁チョッパ制御車。
うちの子は今回のお出かけでこれに乗ることが最大の目的だったそうなので、相模大野で折り返してくるのを待つことにします。

そして約40分後―――――

5199re.jpg
▲各停 片瀬江ノ島行き(5199列車)
8000形界磁チョッパ車きたー!

私たちは前から2両目のデハ8501に乗車。車内は空いていていい感じです。
最近はVVVFインバータ制御が主流で、直流モーターを搭載する車両もずいぶんと減りましたね。。

走行音は↓こんな感じ。

▲デハ8501 各停 片瀬江ノ島行き(桜ヶ丘→高座渋谷)
形式:MP3(bitrate=96kbit/sec, sample rate=32kHz mode=stereo)

しばし走行音を楽しみ、20分ほどで藤沢に着きました。

5199re_2.jpg
▲藤沢に到着!
片瀬江ノ島行きは、ここでスイッチバックします。

乗ってきた8000形を見送った後、一度改札出て再入場してきました。
ちょうど停車中だった相模大野行きに乗って、とりあえず大和まで戻ります。

5214re.jpg
▲各停 相模大野行き(5214列車)
3000形の6連(3273編成)でした。


ここから先は、次回へ。(後編へつづく)
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

梅雨の秩父さんぽ2017 ~最終回 [散歩2017]

6月の秩父ぶらぶら旅、最終回です。

☆-☆-☆-☆-☆

終点の三峰口まで来ました。写真を撮りながら駅の周りをぶらぶら。
zeniaoi.JPG
▲花を見ながらてくてく歩くよ♪
ゼニアオイが咲いています。

駅前の建物の軒先では・・・

swallow.jpg
▲ツバメの巣
ヒナがちょこんと顔を出していますね!見えるかな~?

辺りで歩いている人は誰も居ません。駅前の道路も時折バスやタクシーが通るのみで、静かなものです。
せっかくなので、線路の反対側にある車両公園へ行ってみることにしました。

caution_bee.JPG
▲ハチ注意
そうねー。ハチが巣を作っていても不思議じゃないよね。(・∀・;)

ハチ注意看板を過ぎて、踏切を渡ります。

mitumine_crsvw.JPG
▲三峰口No.1踏切から上り方を望む
57kmの距離標がありますが、これは熊谷からの距離ですかね?

前に来た時は、駅構内に列車が何本か留置されていたのですが・・・この日のこの時間帯は留置車両ゼロ。時代の変化を実感すると共に、寂しさも感じます。。

mitumine_crsvw2.JPG
▲三峰口No.1踏切から下り方を望む
かつてはこの先にある鉱業所まで線路が延びていましたが、現在は入れ換え用の線路が少し残るのみです。

展示している貨車を眺めながら先へ進みます。

roubai.JPG
▲ロウバイの実
触ってみたらベトベトしてました(>_<)!

車両公園にはSLの方向転換をする転車台があって、その近くにはかつて秩父鉄道を走っていたクハニ29とデハ107が展示してあります。

tcf29.JPG
▲クハニ29
もう、かなりボロボロです。。

10年くらい前までは車体もまだきれいで、車内も見学できたんですけどね。

tcf29is.JPG
▲クハニ29車内の様子(2006年10月撮影)
この1年後くらいに再塗装されて、車内は立ち入り禁止になったと聞きます。

tcf29_2.jpg
▲クハニ29+デハ107(2007年9月撮影)
再塗装後の様子。

あれから10年、雨ざらしだとここまで腐食してしまうんだね。。
屋根には防水シートが掛けられていますが、ご覧の通り危険な状態です。つながっているデハ107と共に、このまま朽ちていく運命なのか・・・。

☆★☆★☆

三峰口駅へ戻って来ました。今日の予定は全て終えましたので、あとは帰るだけです。

1546re.jpg
▲各停 羽生行き(1546列車)
7500系の3連(7501編成)でした。これに乗って御花畑へ。

3両編成の車内には、各車両に1~3名ほどの乗客が居るのみでガラガラです。
途中で学校帰りの小学生が乗って来ましたが、ランドセルにクマ除けの鈴を付けていました。確かに白久の駅にもクマが出るってあったもんなぁ。

うちは真ん中のデハ7601に乗り、車窓を眺めながら行きます。

okuchichibu_ps.jpg
▲そば畑の向こうに奥秩父変電所を望む
武州中川~浦山口にて。

mt_bukou2.JPG
▲武甲山もよく見えます!
影森~御花畑にて。今日はホントによく晴れましたね! 日焼けが・・・(^ ^;)

そして三峰口から約20分で御花畑に着きました。

1546re_2.jpg
▲改札の外で列車を見送ります

ここまでで秩父鉄道の旅はおしまいです。西武秩父からはレッドアローに乗って帰りました。

36re.jpg
▲特急ちちぶ36号 池袋行き(36列車)
10000系の7連(10109編成)でした。これで一気に東京へ。。

~・~・~・~・~

梅雨の季節の秩父さんぽ。今回は駅めぐりを中心にしましたが、美味しいそばも食べることができましたし、のんびりと過ごすことができました。
押手沢橋梁を外から見てみたいですし、また機会があれば出かけたいと思っています。


★おまけ★
帰りの列車は、途中の正丸トンネル内にある信号場で列車交換のために停車しました。

syomaru_sig.jpg
▲正丸トンネル信号場
今まで何度も通っていたけど、こんな説明があったとは知らなかった!


おしまい
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

梅雨の秩父さんぽ2017 ~秩父の駅めぐりを楽しもう [散歩2017]

秩父のぶらぶら旅。白久駅から上り列車に乗って秩父方面へ。

☆-☆-☆-☆-☆

うちは先頭のデハ7803に乗り、乗務員室背後の窓から前方展望をしながら行きます。

siroku_hino.jpg
▲速度制限35km/hの曲がりくねった鉄路を行く
白久~武州日野にて。

武州中川を出てしばらく走り、浦山川を渡るとすぐに駅に到着しました。

1706re_2.JPG
▲ここで降ります!
ここまで白久から10分ほどです。

urayama_fm.JPG
▲ホームの様子
ご覧の通り、浦山口は1面1線で急カーブの途中にあります。

急カーブで車端部は特にホームとの間が広く空いて危険なため、4ドア車は中ほどの2つのドアしか開きません。

また、ホームから下り(武州中川)方を見ると、浦山川に架かる橋を望むことができます。

urayama_fmvw.JPG
▲浦山川橋梁

これではあまりよく分からないので、以前に下から撮ったのを紹介します。

urayamagawa_br2.jpg
▲浦山川橋梁(2008年7月撮影)
前述の通り、アメリカンブリッジ製のボルチモアトラス橋です。カッコイイ!

ここも駅員さんが居たので、きっぷを見せて駅の外へ。道路へ降りていく細い道から、振り返って1枚。

urayama_sta.JPG
▲浦山口駅
ここで降りたのは、9年ぶりです。

そういえば9年前に来た時にあった湧き水はあるかな? ちょっと行ってみました。

wakimizu.JPG
▲あった!
飲めるのかどうか分からないので、顔を洗いました。冷たくて気持ちいいー!

何でもかんでも新しいものに変わって行く中、ここは9年前とほとんど変わっていなくて・・・ちょっとホッとしました。

~・~・~・~・~

次の列車に乗らなければならないため、急いで駅へ戻って改札を通りホームへ。

1707re.jpg
▲各停 三峰口行き(1707列車)
さっき乗ってきた7800系(7803編成)ですね。

うちは後寄りのデハ7803に乗って、後方展望をしながら行きます。武州中川、武州日野、白久・・・と今日降りた駅を出て三峰口へ。

siroku_mitumine.JPG
▲白久(矢印)を出て、カーブを抜けた辺りで1枚
今日は写真撮っている人、だーれも居ませんね。

そして、浦山口から15分で終点の三峰口に着きました!

1707re_2.jpg

mitumine_nm.JPG
▲秩父鉄道の終着駅です
駅員さんが居るので、きっぷを見せて外へ出ます。

三峰口に来たのは7年ぶりくらいでしょうか。懐かしさを感じるほどではないけれど、ここもほとんど変わっていないね。

mitumine_ent.JPG
▲改札口
週末はSLの運転もあり観光客がたくさん来る駅ですが、昔ながらの感じがイイ!

写真撮ってたら、駅で元気に遊ぶ子どもたちに『こんにちは!』って挨拶されちゃった。
うちも「こんにちは!」って返したら、めっちゃ喜ばれて新鮮な気持ちになれたよ♪ 挨拶できるって素敵よね!

mitumine_sta.JPG
▲三峰口駅
鉄道で来られるのは、ここまでです。


次回、駅周辺をちょっとぶらぶらします。(最終回へつづく)
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

梅雨の秩父さんぽ2017 ~最も乗降客の少ない駅へ [散歩2017]

秩父をぶらぶらして、武州中川という駅に来ています。

☆-☆-☆-☆-☆

ホームで待っていると、やがて下り列車が入って来ました。

25re.jpg
▲これに乗ります
各停 三峰口行き(25列車)。7800系の2連(7803編成)でした。

うちは後寄りのデハ7803に乗車。車内はガラガラですが、座らずに乗務員室の窓から後方展望を楽しみながら行くことに。

武州中川を出ると、武州日野の手前で先ほど見た安谷川橋梁を渡りました。そして武州日野を出て少し走ると、小さな橋を渡ります。

ottezawa_br.jpg
▲押手沢橋梁
アメリカンブリッジ製のプラットトラス橋です。
(この写真ではよくわからないけど!)

この橋も前出の浦山川橋梁・安谷川橋梁と共に、磐越西線の当麻橋梁から転用されたものです。

ottezawa_riv.JPG
▲押手沢
谷は深く、車内から水の流れを確認することはできませんでした。

今回は時間の都合で足を運びませんでしたが、向こう側に道路が見えるので、あそこへ行けば橋を横から見ることができそうですね! 夏は草木が多いので、冬の方が見やすいかなぁ?

~・~・~・~・~

そして列車は、武州中川から7分ほどで白久に到着。ここで列車を降りました。

25re_2.JPG
▲7800系電車を見送ります
次は終点の三峰口!

白久は秩父鉄道で乗降客が最も少ない駅だそうです。

siroku_fm.JPG

siroku_vw.JPG
▲ホームからの眺め
のどかな景色が広がっています。いいね~♪

ここは駅員さんが居たので、きっぷを見せて外へ。

siroku_ent.JPG
▲改札口
ここも素朴でいい感じの駅ですね(^ ^ )

でも、改札口の脇にはこんなものが・・・

kuma_alert.jpg
▲むむっ! クマに注意!?
山里にクマが出没しています。。

駅員さんに聞いたところ、山にクマが居るそうで、登山者に注意を呼び掛けているそうです。ただ、駅まで来たことは無いとのこと。
代わりに(?)サルやイノシシは頻繁に駅周辺に出てきて、農作物を荒したり木の実を食べていくのだそうな。さすが自然がいっぱいだ。

siroku_sta.JPG
▲駅前は砂利。。
だがそれがいい。

☆★☆★☆

駅を出て右へ行き、自転車置き場を通り過ぎると小さな踏切がありました。

siroku1crs.JPG
▲白久No.1踏切
遮断機も警報機もない第4種踏切です。

事故が起きるとその危険性が問題になることも多い第4種踏切ですが、風景にマッチしていて素敵♪

siroku1crsvw.JPG
▲白久No.1踏切から三峰口方を望む
線路は右へ大きくカーブしています。

この辺りは有名な撮影地のようで、SLパレオエクスプレスに乗った時も、写真を撮っている人がいっぱい居たっけ。

siroku_photo.jpg
▲こんな感じ
SLパレオエクスプレスの客車から。(2010年5月撮影)

でも今日はSLも走りませんし、静かで平和です。聞こえてくるのは虫の声と、時折道路を走る車の音だけ。すごく癒されるなぁ。。


再び駅へ戻り、駅員さんと雑談。
この駅を見に来たんですと話したところ、「いいところでしょ」と、とても喜んでくれました。

カーブを走って来る列車を撮ろうと思っていたけど、話が弾んでしまい、気づいたら列車が来てた!

1706re.jpg
▲各停 影森行き(1706列車)
先ほどここまで乗ってきた列車が、三峰口から戻って来ました。

これで次の駅へと向かいます。その様子は次回。


"秩父の駅めぐりを楽しもう" につづく。
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - 散歩2017 ブログトップ