So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

鶴見線散歩2018 (後編) [散歩2018]

10月に出かけてきたJR鶴見線ぶらり旅の最終回です。

☆-☆-☆-☆-☆

海芝浦から乗った列車を浅野で降りて、構内踏切を渡り扇町方面のりばへ。
乗り換え時間は2分なので少し急ぎ気味に移動し、ホームへ上がるとすぐに列車が入ってきました。

1005re.jpg
▲扇町行き(1005列車)
205系の3連、ナハT15編成。こちらも埼京線や山手線からの改造車です。

この時間帯、今日はT14編成とT15編成の2本で回しているようです。
車内は空いていて余裕で座れました。たまにはカメラをしまって、終点まで外を眺めながら行きましょうか。

☆★☆★☆

浅野を出ると安善へ。駅の隣には側線がたくさんあって、この日も米軍燃料輸送用のタンク車(タキ1000形)が留置中。。
安善から伸びている旧石油支線(現在は安善駅構内という扱いになっている)では、かつての浜安善近くにある米軍油槽所との間で密かに(?)燃料輸送が行われています。

安善の次は武蔵白石です。大川支線への分岐駅ですが、大川発着の列車は安善から直通します。
ちなみに大川行きの列車は日中全く走っていないので、もし昼間に見に行くならば武蔵白石から徒歩になりますが、大型車の通行が多いので要注意です。。

列車はゆっくりとした速度で走り、浜川崎に停車。ここは南武支線との乗換駅です。
南武支線の駅は道を隔てた向かいにあるので、同じJR線なのに一度駅の外に出てから乗り換えるという、変わった駅でもあります。

浜川崎を出ると単線となり、進行左手に浜川崎貨物駅を見ながら進みます。
昭和付近ではもう1本線路が隣に通っていますが、これは単線の貨物線。複線に見えて、実は単線が2本並んでいる格好になります。

☆★☆★☆

そして昭和を出て貨物線と平面交差したあと、列車は扇町に到着しました。カメラを再び出して撮影開始。

ougimachi_nm.jpg

ougimachi_sta.jpg
▲終点、扇町
扇町へ来たのも12年ぶり。

駅は前来た時と、ほとんど・・・いや、全くと言って良いほど変わっていませんでした。

ougimachi_tt.jpg
▲変わったのは列車の本数かな
海芝浦と同様に、日中は2時間に1本。。

かつて平日の日中は1時間に2本程度列車がありましたが・・・今は多くが浜川崎止まりになり、扇町へ来る列車は激減してしまいました。

neko_esa.jpg
▲ネコへのエサやりはおやめください
・・・ん? ねこ居るんですかね??

12年前は、プラスチック製の桶にカメが住んでいた(飼われていた?)のですが、今はカメは居ないようです。代わりに・・・

neko.JPG

neko2.JPG
▲あ、いた!
1・2・3・・・4匹♪

neko3.JPG
▲あ、起きた(^ ^ )
ごめーん。。写真撮ってたら起こしちゃったかニャ?

あ、ホームの階段のところまで出てきたー(≧ω≦)♪

neko4.JPG
▲ニャンコと電車
今回のぶらり旅のベストショットかもにゃー♪♪

このハチワレさんは、サービス精神旺盛。4匹のうちで、一番人になれている感じでした。

neko5.jpg
▲平和だなぁ。。
折り返しの電車が出るまでの10分間ちょい、ニャンコの撮影を楽しみました。

もっと居たいけれど、帰りの電車に乗らなければなりません。名残惜しいですが、列車内へ。

1004re.jpg
▲これに乗って帰りました
鶴見行き(1004列車)。これを逃すと2時間後だからなぁ。。

その後、列車は17分ほどで鶴見に到着。行きと同様、京急鶴見から京急に乗って帰りました。

~・~・~・~・~

鶴見線散歩2018。
海芝浦では公園から景色を眺め、扇町ではニャンコを撮って遊んだり・・・個性的な工業地帯のローカル線を、のんびり楽しむことができました。

12年ぶりの訪問となりましたが、駅や沿線風景はほとんどと言って良いほど変わっていなかったのが印象に残りました。また機会があったら出かけてみたいと思っています。


おわり
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -