So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

初夏の秩父さんぽ2018 ~(中編)うなぎを食べよう! [散歩2018]

6月に秩父をぶらぶらして来たお話のつづきです。

☆-☆-☆-☆-☆

特急ちちぶ号は、ほぼ定時で終点の西武秩父に着きました。そこから3分ほど歩くと、秩父鉄道の御花畑駅に行けます。
秩父鉄道ではPASMOなどのICカードが使えませんが、今日はフリーきっぷを持っているので改めて乗車券を買う必要はありません。きっぷを見せてホームへ。

やがて列車が入って来ました。

30re.jpg
▲各停 熊谷行き(30列車)
7000系の7001編成。もと東急の8500系電車を改造したものです。

列車は3両編成で、うちは最後部のデハ7201に乗車。車内はロングシートですが空いていて、のんびりできます。

ちょいと車内ウォッチング。

laurel_pt.jpg
▲ローレル賞のプレートがあります
技術面で優れた鉄道車両に贈られることの多い賞です。

mc7201pt.jpg
▲昭和50年(1975年)製造・2008年改造
製造から今年で43年か。結構経ってるなぁ。

mc7201cr.JPG
▲運転台の様子
マスコンは両手操作のワンハンドルタイプ。

昔の車両なので、乗務員室の機器類にもアナログ的な要素が随所に見られますね(^ ^ )

☆★☆★☆

列車は御花畑を出ると、隣の秩父で下り列車と交換して大野原へ。大野原を出ると、途中に貨物列車用の駅があります。

b_haraya.jpg
▲武州原谷通過中。。
大野原~和銅黒谷の間にある貨物駅です。

右側に線路がたくさんありますが、この日は電気機関車・貨車ともに1両も居ませんでした。
秩父鉄道というと、鉱石(石灰石)運搬の貨物列車を見るのも楽しみのひとつにしているのですが・・・今日は工場がお休みなのかな?

そして、御花畑から約20分で、皆野に到着。

30re_2.jpg
▲乗ってきた列車を1枚
バイバ~イ♪ (^-^)ノシ

minano_vw.JPG
▲構内踏切から秩父方を望む
霞む空の向こうにうっすらと武甲山が。

今日はこんな感じで曇りみたいですね。雨が降らないだけ良しとしましょう。

~・~・~・~・~

きっぷを見せて駅の外へ。
平日のお昼前だし、この時間にここで降りるお客さんは毎年大体数名程度。でも今日は駅前に案内係の人も居るし、明らかに観光客っぽい人たちが結構降りていました。

何だろうと思って調べてみると、彩の国ふれあい牧場というところで 「天空のポピー2018」 というイベントが開催中らしく、今まさにポピーが満開で見ごろを迎えているとか。

minano_sta.jpg
▲ポピー開花中
なるほどね、みんなこれを見に来たのね!

そうかー、満開のポピーも良さそうだね~。でも、うちは予定を変えずにこちらへ行くのじゃ。

sakamotoya.JPG
▲坂本屋
うちが長瀞へ来たら必ず寄っている、うなぎ屋さん。花より鰻? なのです。
1年ぶりに来ましたが店の様子も全く変わっておらず、何だか安心しました。

こちらでは注文後にうなぎを捌くので、出来上がりまで20~30分ほど掛かります。
急ぎの場合は電話で到着時刻を知らせて予約しておけば、お店に着く頃ちょうど出来上がるように調理してくれます。うちは特に急ぎませんし、今回もうなぎを焼く香りに期待を膨らませながらのんびり待つことに。

sakamotoya_is.jpg
▲ただいま調理中。。
うなぎは鹿児島県産。いい香りがしてくるなぁ!

いつも座る一番奥の席で待つこと30分ほどで、料理が運ばれて来ました。

unaju.jpg

unaju_2.JPG
▲うな重(並)
きたきたー(≧ω≦)♪

ちなみに"上"にすると、うなぎがワンサイズ大きくなりますので・・・その辺はお財布の中と要相談かもです(笑)。

kimosui.jpg
▲お新香と肝吸いも付いてますよ~
満足満足(^~^)ノ

うなぎ、柔らかくてめっちゃおいかったです! 来てよかったわぁ~。。


"(後編)天然かき氷を食べよう!"につづく。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -